西村 龍治

入社した理由は?

前の職場もサッシメーカーだったので、
細かい業務の種類は違えど、同じ建築業界で更なる成長を遂げたいという理由で
入社を決意しました。
社会人になる前は、消防士として働きたいとの想いがありましたが叶わなくて、受けたのが某サッシメーカーのメンテナンス部門でした。
しかし、今となっては前の仕事も性格に合っていたかなと思います。
すべては必要必然です。
また、実は私社長の弟なのです。
自分が仕事をしながら空手部で高校生を教えていたのが一段落着いた時に、
一緒にやらないか?との話がありました。
兄の性格が社長に向いている事もよく理解していましたし、
元々仲もよく手伝いたいという気持ちもあったので、入社する事を決意しました。

働く理由は?

正直に言うと、自分自身、あまり自分の為に頑張るというのが性に合わないと考えています。
自分が働く工務部は、いろんな人と関わる機会があります。
お施主様や、何十人といる業者さんや、当然他の社員も。
「自分が頑張る事でその人達、皆の役に立てる」それが私の働く原動力です。

入社当時は苦労しましたか?

私が入社した当時から建匠には、仕事がたくさんありましたから、
慣れるまでは本当に大変でした。
それを乗り越えられたのは、社員が皆エネルギッシュでピンチの時でもみんなで
乗り越えようというマインドで会社が一体となっていたからだと思います。
当時はとにかく必死でした。

仕事のやりがいは?

お客様のことを考えて、考えて、考え抜いて業者さんと創り上げたものに対して、
お客様から「ありがとうございます。」と言葉をいただけたり、
喜んでいる様子を見たときは、すごく嬉しいですね。
また、工事方法を業者様に提案して、更なる改善につながったときも、
自分の仕事のやりがいを感じる場面です。

自社の好きな点を教えてください!

会社内が「やろう!頑張ろう!」というエネルギーであふれてるところが好きです。
各々たまには言い合ったりする事もありますが、皆で頑張ろう!という力がものすごくあります!会社の同僚というより、家族みたいな雰囲気があります。

仕事をする上で大切にしている考え方やスタンスを教えてください!

何をどうすればもっと良くなるのか。もっと役に立てるのか。そこに尽きると思います。
建築ってほんとに難しい分野だと思います。
家は、三回建てないと満足出来ないと言われたりしますが、
ほとんどのお客様は一回しか家を建てる事が出来ません。
ここをこうすれば良かったな、と後悔がないように。
お客様のご希望のイメージとかけ離れないように考え続けています。
ご家族様の数だけ様々な価値観がある中で、建匠にご依頼いただいた、すべてのお客様に「この家を建てて良かった」と思ってもらえるように仕事をしていきたいと思っています。

一緒に働きたいと思える人は?

やはり、周りの為であれ、自分の為であれ、
「頑張ろう!」と前向きに捉えてくれる方が一緒に働いていて楽しいです。
皆で一丸となって頑張れる。
そういう関係性が良いなと思います。

西村 龍治の一日

  • 出勤
  • 情報伝達
  • A様邸 現場確認
  • 必要部材 買い出し
  • お昼休憩
  • B様邸 躯体検査
  • B様邸 耐震診断
  • C様邸 基礎着工打合せ
  • C様邸 近隣へ手紙配り
  • 帰社後 事務処理
  • 帰社
  • 家族との時間
一覧に戻る
求める人物像を知ろう