• 来場予約
  • 資料請求
  • コンセプト
  • 施工実例&お客様の声
  • 年間着工棟数
  • スマートワン
  • 半額キャンペーン
  • 高知_任天堂
  • LINE
  • 来場予約
  • TOPコンセプト
  • 資料請求
  • コンセプト
  • 施工実例&お客様の声
  • 年間着工棟数
  • スマートワン
月々6万円台から叶う圧倒的性能×ハイデザインの家

Gallery

施工実例

もっと事例を見る

Event

イベント情報

もっとイベント情報を見る

Model House

展示場のご案内

079-441-7397

加古川展示場

青空リビングのあるリアルサイズモデルハウス

加古川展示場

青空リビングがある子育て充実のリアルサイズモデルハウス

079-441-7397
来場予約
 088-856-6885

高知展示場

1年中快適なZ空調が体感できる子育て家族向けモデルハウス

高知展示場

暮らしやすさ×ハイデザイン!西洋の暮らしをイメージした新展示場がグランドオープン

 088-856-6885
来場予約
桧家住宅とお客様とのお約束

桧家住宅は一切押し売りはせず、
お客様のご要望をお伺いし丁寧に
ご案内させて頂きます。

キッズスペースも完備しておりますので
子供連れのお客様も
安心してご来場ください。

Lineup

商品ラインナップ

スマート・ワン
スマート・ワン カスタム
スマート・ワン
スマート・ワン カスタム

Hinokiya

桧家住宅について

桧家住宅の強み
省エネエコハウス
桧家住宅の強み
省エネエコハウス
技術・構造
資料請求
技術・構造
資料請求

Blog

ブログ

2022.05.11

フラット35のメリットとは?デメリットや向いている人の...

住宅の取得費用は高額であるため、多くの方が住宅ローンを利用しています。 金利など各種条件により返済額が変わるため、住宅ローンの選び方は家づくりの重要なポイントです。   そこで今回は、フラット35のメリット・デメリットについて解説していきます。 金利の種類など、自分たちに合った住宅ローン選びにお悩みの方は、ぜひとも最後までお付き合い下さい。   そもそもフラット35とは?   フラット35とは、住宅金融支援機構が取扱い先の民間金融機関と共同で提供する長期固定金利の住宅ローンのことです。   変動金利では金融機関ごとに商品の差別化が図られていますが、フラット35を用いた固定金利は、取扱金融機関で大きな違いはありません。   フラット35の特徴 フラット35Sとは? フラット35の利用条件   順番に解説します。   フラット35の特徴   フラット35の特徴は、借入時の金利が返済終了まで続く固定金利であることです。   民間金融機関単独では長期固定金利の信用リスクなどへの対応が難しいため、住宅金融支援機構の証券化支援事業の仕組みを活用して、長期間にわたる低金利を実現しています。   フラット35Sとは?   フラット35Sとは、長期優良住宅など省エネ・耐震性能を備えた質の高い住宅を取得する場合に、一定期間金利を引き下げる仕組みのことです。   認定住宅は税制面でも優遇が見込まれるので、住宅性能にも配慮して建築プランを練るとよいでしょう。   フラット35の利用条件   フラット35の利用条件は、申込時の年齢が満70歳未満であること、日本国籍・特別永住者・永住許可を受けていることが挙げられます。   また、返済負担率の基準として、年収400万円未満30%以下・年収400万円以上35%以下であることが求められます。   フラット35のメリット5つ   フラット35を利用するメリットをまとめていますので、自分たちの返済プランにどのような影響を及ぼすかを考えながら見ていきましょう。   返済期間中は金利が変わらない 保証料が不要 繰り上げ返済手数料が不要 団体信用生命保険が選べる 所得の制限が明確   順番に解説します。   返済期間中は金利が変わらない   一つ目のメリットは、返済期間中は金利が変わらないことです。   長期にわたる借入期間であっても、景気変動による金利上昇リスクがないため、返済プランが立てやすいこともフラット35が選ばれる理由の一つ。   保証料が不要   保証料が不要である点もメリットの一つです。   民間金融機関では保証料がかかるケースが多いため、費用の節約に繋がりますが、住宅ローンの事務手数料はかかるため、トータルの費用で比較するとよいでしょう。   繰り上げ返済手数料が不要   繰り上げ返済手数料が不要である点も忘れてはいけません。   注意点として、返済下限額が決められており、取扱金融機関の窓口利用で100万円以上、インターネットサービス利用で10万円となります。   団体信用生命保険が選べる   団体信用生命保険の加入の有無を選べることもメリットです。   民間金融機関では加入がほぼ必須であるのに対し、フラット35では任意となっており、健康状態に不安のある方でも借入が可能となります。 ただし、生命保険など、万が一の備えは用意しておくべきです。   所得の制限が明確   所得の制限が明確な点もフラット35のメリットであり、返済負担率の基準を満たせば借入の申込が可能です。 自営業者や勤続年数が短い方にとって、おすすめの選択肢の一つといえます。   フラット35のデメリット3つ   一方、フラット35にはデメリットも存在します。 資金計画を立てる際は、将来の状況の変化を織り込みつつ、自分たちに合ったプランを選ぶことが重要です。   借入金利が高い 物件に条件が設けられている 市場金利が下がっても恩恵がない   順番に解説します。   借入金利が高い   一つ目のデメリットは、変動金利と比較して借入金利が高いことです。 将来の金利上昇リスクをどの程度許容するかは人それぞれ考え方が違いますので、家計の状況を踏まえてより良いプランを見極めて下さい。   物件に条件が設けられている   フラット35対象の住宅には、独自の技術基準が定められており、物件検査を受ける必要があります。 住宅の規模や構造などの要件は、それほど厳しいものではありませんが、有償の物件検査はデメリットといえるでしょう。   市場金利が下がっても恩恵がない   市場金利が下がっても恩恵がないこともフラット35のデメリットの一つです。 低金利が続く現在、影響は少ないかもしれませんが、借入時の金利次第では大きな問題です。金利変動のリスクを考慮しつつ、返済プランを立てて下さい。   フラット35が向いている人の特徴   フラット35の利用が向いている人の特徴をまとめていますので、自分たちの状況に当てはまるかどうかを考えながら変動金利と比較してみましょう。   収入が低い人や個人事業主 健康に不安が残る人 金利上昇のリスクを避けたい人 将来のライフプランを明確にしたい人   順番に解説します。   收入が低い人や個人事業主   一つ目の特徴として、収入が低い人や個人事業主が当てはまります。   民間の金融機関に比べて、審査基準が明確であることが理由です。 返済負担率の基準を満たしていればよいので、勤続年数の短い方でも利用可能となります。   健康に不安が残る人   団体信用生命保険への加入が任意であるため、健康に不安が残る人にもおすすめです。 既往歴に不安がある方も、住宅ローンの借入をあきらめる必要はありません。   金利上昇のリスクを避けたい人   金利上昇のリスクを避けたい人にとっても、フラット35はおすすめの選択肢です。 変動金利の場合、景気動向により金利上昇が想定を超えて続くと、毎月の返済が滞る可能性もゼロではありません。   将来のライフプランを明確にしたい人   将来のライフプランを明確にしたい人もフラット35の利用が向いています。 借入時に返済額が確定するため、返済期間中に返済額が変わらないことが理由です。   変動金利と比較して、金利は高いものの、将来のリスク回避に繋がります。   フラット35と民間住宅ローンを比較     フラット35 民間銀行 金利タイプ 全期間固定金利のみ 変動金利・固定期間選択型・固定金利 保証料 なし 外枠方式・内枠方式 手数料 定率型・定額型 取扱金融機関による 定率型・定額型   フラット35と民間住宅ローンの比較をまとめていますので、自分たちに合ったプランを考えてみましょう。   金利タイプ 保証料 手数料   順番に解説します。   金利タイプ   フラット35は全期間固定金利だけの取扱いとなり、民間銀行では複数の金利タイプから選べます。 固定金利は変動金利に比べ割高になりますが、金利の変動に返済額が左右されないため、どちらが自分たちに向いているのかを比べてみましょう。   保証料   フラット35に保証料は不要ですが、民間銀行では保証料が必要なケースもあります。 外枠式は借入時に一括で支払い、内枠式は保証料を金利に上乗せして支払う方式です。   注意点として、保証料だけでなく、金利やその他諸費用を含めて比較することをおすすめします。   手数料   手数料の扱いは取扱金融機関によって異なります。 定率型は一般的に「住宅ローン借入金額×2.2%」で設定され、定額型は「手数料数万円+金利上乗せ」で設定されることが一般的です。   借入額や返済期間を加味して、自分たちに有利な金融機関を選びましょう。   フラット35に関するよくある質問   フラット35に関するよくある質問をまとめています。 その他にも不明な点があれば、建築会社に相談しながら資金計画を立てましょう。   フラット35を利用するのは危ないって本当? フラット35を利用した際の失敗談はある? フラット35を利用するのはやめたほうがいい?   順番に解説します。   フラット35を利用するのは危ないって本当?   フラット35の利用に危険はありません。 フラット35の不正利用のニュースがありましたが、自己(家族)の居住以外への利用は、民間金融機関の住宅ローンでも同様に厳禁です。   フラット35を利用した際の失敗談はある?   団体信用生命保険へ加入しておらず、残された家族が返済を続けることになったという話があります。 死亡保険など、万が一の備えを怠ってはいけません。   フラット35を利用するのはやめたほうがいい?   返済額を抑えたいのであれば変動金利を選ぶべきですが、将来の金利上昇リスクは残ります。 どちらを選ぶべきかは、借入額と家計の状況次第といえるでしょう。   まとめ:フラット35はデメリットも把握した上で利用しよう   ここまで、フラット35のメリット・デメリットについて解説してきました。   金利プランを選ぶ際は、デメリットも把握した上で、自分たちにどのような影響があるかを考えることが重要です。 借入時の金利や景気動向を加味し、金利プランごとにシミュレーションを用いて比較検討することをおすすめします。   桧家住宅では、お客様の現在と将来の暮らしに配慮した資金計画を提案しています。 住宅ローンの選び方など、家づくりでお悩みの方は、お気軽にモデルハウスへ足をお運び下さい。

2022.05.11

注文住宅の流れと期間は?スムーズに進めるポイントもわ...

マイホームの購入を考える上で、理想の住まいを形にできる注文住宅に憧れを持つ方は多いでしょう。 しかし、住宅取得費用や完成までの流れが、建売住宅や分譲マンションに比べ、分かりにくいとの声もあります。   そこで今回は、注文住宅の流れと期間について解説していきます。 マイホーム購入を検討中の方は、ぜひとも最後までお付き合い下さい。   注文住宅を建てる流れと期間   注文住宅完成までの流れと期間をまとめています。 家づくりをスムーズに進めるためにも、一通りの流れを把握して、準備や段取りに臨みましょう。   ステップ1.イメージづくり ステップ2.資金計画 ステップ3.土地探し・施工会社探し ステップ4.間取りの設計と見積もり ステップ5.建築プランの決定・工事請負契約 ステップ6.着工 ステップ7.完成・引渡し   順番に解説します。   ステップ1.イメージづくり   建築会社を探す前にどんな家に住みたいかを考えることが重要です。   現在の住まいの不満やライフステージの変化を考慮しつつ、1ヶ月程度を目安に理想の住まいのイメージを固めておきましょう。   ステップ2.資金計画   資金計画では、現在の年収と貯蓄額をもとに大まかな予算を決定します。 1ヶ月程度の期間で家計の見直しをして、住宅費用に充てる金額をあらかじめ想定しておきましょう。   ステップ3.土地探し・施工会社探し   土地探し・施工会社探しでは、インターネットを使用して相場観を養い、建築会社ごとの強みや特徴を把握するように努めて下さい。 土地探しは時間がかかりますので、3〜6ヶ月程度を目安に、施工店と並行して探すとよいでしょう。   ステップ4.間取りの設計と見積もり   施工会社を絞った後は、予算や要望などを伝えて建築プランと見積もりの作成を依頼します。 施工会社とのコミュニケーションを密にして、理想の住まいのイメージをきちんと伝えることが重要です。   1〜3ヶ月程度の期間を目安とし、このタイミングで住宅ローンの事前審査を通しておきましょう。   ステップ5.建築プランの決定・工事請負契約   建築プランが決まったら施工会社と工事請負契約を締結します。 契約自体は1日で完了しますが、当日に契約内容すべてを理解することは難しいので、事前に雛形などを用いて契約内容に目を通しておいて下さい。   請負契約後に建築確認申請を行い、住宅ローンの本審査を申し込みますが、着工までの期間は2〜3ヶ月程度を想定しておきましょう。   ステップ6.着工   着工前に近隣住民へ挨拶して、近隣トラブルのリスクを回避しましょう。 工事の騒音や通行止めなど迷惑をかけることがありますので、細やかな配慮が求められます。   工事期間は3〜4ヶ月程度ですが、天候など外部要因に左右されることに注意が必要です。   ステップ7.完成・引渡し   完成後に竣工立会を実施して、不具合があれば引き渡しまでに手直しを依頼して下さい。 引渡し当日に融資実行、登記完了後に鍵や保証書を受け取ります。   入居後1ヶ月程度は設備の不具合などに注意しておきましょう。   注文住宅の流れをスムーズに進めるポイント3つ   注文住宅の流れをスムーズに進めるポイントをまとめています。 準備段取りを疎かにせず、計画性を持って行動しましょう。   家族同士で事前にこだわりを共有しておく 資金は余裕を持って用意しておく 入居希望日から逆算してスケジュールを組む   順番に解説します。   家族同士で事前にこだわりを共有しておく   一つ目のポイントは、家族同士で事前にこだわりを共有することです。   予算の都合上、すべての希望を叶えることは現実的ではありません。 妥協できないポイントを共有して、建築プランにメリハリをつけるとよいでしょう。   資金は余裕を持って用意しておく   住宅取得費用の内、諸費用については現金で用意することが一般的なので、資金に余裕を持たせておきましょう。 資金計画にも幅を持たせられるので重要なポイントです。   入居希望日から逆算してスケジュールを組む   入居希望日から逆算してスケジュールを組むこともスムーズに進めるためのポイントの一つになります。 ライフイベントに合わせて早めに動き出すことが、理想の住まいを作る第一歩です。   注文住宅の購入時に必要な書類   注文住宅の購入に必要な書類は下記の通りです。提出を求められて慌てないようにあらかじめ準備しておくと、手続きがスムーズに進みます。   本人確認書類・所得証明・印鑑証明・住民票・設計図書・見積もりなど   注文住宅の流れに関するよくある質問   注文住宅の流れに関するよくある質問をまとめていますので、自分たちの家づくりをイメージしながら見ていきましょう。   着工から家が建つまでの期間はどのくらい? ハウスメーカーが契約を急かす場合はどうすればいい? 注文住宅の流れは土地ありと土地なしでどう違う? 住みたい場所に土地がない場合はどうする?   順番に解説します。   着工から家が建つまでの期間はどのくらい?   着工から完成までの期間は最低でも5〜8ヶ月程度を想定しておきましょう。 土地の取得が不要であれば期間は短くなりますし、計画次第で完成までの期間は変わりますので、準備や段取りが重要であるといえるでしょう。   ハウスメーカーが契約を急かす場合はどうすればいい?   ハウスメーカーが契約を急かす場合であっても、自分たちが納得できない限りは契約を結ぶべきではありません。 納得できるまで話し合いを続けることが、後悔しない家づくりの近道です。   注文住宅の流れは土地ありと土地なしでどう違う?   土地ありのケースの方が、建て替えに伴う取り壊しが必要であっても、完成までの期間が短くなります。 資金計画もシンプルになるため、完成までの流れはスムーズになるといえるでしょう。   住みたい場所に土地がない場合はどうする?   住みたい場所に土地がない場合、希望エリアを広げて検討することも必要です。 土地探しは巡り合わせ次第ともいえますので、こだわりが強すぎると計画が前に進みません。   どうしても見つからない場合は、条件の見直しをおすすめします。   まとめ:注文住宅の流れと期間を事前に把握しておこう   注文住宅の完成までのイメージは分かりづらい部分も多く、ライフイベントに合わせて計画を立てるためには、流れと期間を把握することが重要です。   また、頭金などの予算面から考えると、さらに早い段階から家計を見直し、住宅費用に回せるお金を想定しておくとよいでしょう。   桧家住宅では、お客様のご要望に合わせた商品ラインナップを取り揃えています。 注文住宅のことでお悩みの方は、お気軽にモデルハウスへ足をお運び下さい。

2022.05.11

一戸建ての建て替えにかかる費用とは?坪数別の相場や抑...

マイホームの購入を検討する際に、土地の取得は必ずついて回る問題です。 新しい土地を購入する方が多いものの、建て替えを検討する方もいらっしゃるでしょう。   一戸建ての空き家数が年々増え、古家の割合が増加する現在において、既存の古家を取り壊しての建て替えは検討すべき選択肢の一つです。   そこで今回は、一戸建ての建て替えにかかる費用について解説していきます。建て替えを検討中の方は、ぜひとも最後までお付き合い下さい。   そもそも一戸建ての建て替えとは?   一戸建ての建て替えとは、既存の建物を解体・撤去し、新たに住宅を建築することです。   自分たちが住んでいる家をイメージする方が多いかもしれませんが、古家付きの土地を購入して、解体後に新築するケースは少なくありません。   建て替えに必要な期間 リフォームとの違い   順番に解説します。   建て替えに必要な期間   一戸建ての建て替えに必要な期間は、おおよそ1年前後を想定しておきましょう。 工事期間だけで見れば、解体工事に約1ヶ月と建築工事に約3~6ヶ月が目安となります。   準備段取り次第では期間を短縮できますが、後悔しないためにも、将来の暮らしをイメージしながらプランを練ることが大切です。   リフォームとの違い   梁や柱など基礎部分を残して部分的な改築・増築をするリフォームに対して、建て替えは家全体を解体し、更地にしてから建て直します。   どちらを選べばよいかは、状況により異なりますので、築年数・耐震基準・コスト面などから総合的に判断しましょう。   一戸建ての建て替えにかかる費用内訳   一戸建ての建て替えにかかる費用内訳を項目別に分けてまとめています。 敷地の広さや建物の大きさなどにより金額に幅が出ますので、あくまでも目安に留めましょう。   解体工事費 建築工事費 諸費用   順番に解説します。   解体工事費   構造 費用の目安 木造 4~5万円/坪 鉄骨造 6~7万円/坪 RC造 6~8万円/坪   本体工事費以外にも、付帯工事・仮設工事・整地などの費用が想定され、見積もりには現地を確認してもらう必要があります。   業者によって見積もりの構成が違う場合がありますので、トータルの費用で比較して下さい。   建築工事費     総工費に占める割合 備考 本体工事費 約7割 基礎工事・木工工事など 付帯工事費 約2割 造成工事・電設関連費用など 諸経費・その他費用 約1割 登記費用・火災保険など   本体価格が2,000万円のケースでは、付帯工事費用400万円と諸経費・その他費用200万円を合わせた合計2,600万円を住宅取得費用として想定して下さい。   本体価格に含まれる範囲は建築会社ごとに異なりますので、詳細を確認した上で、トータルの費用を比べることをおすすめします。   諸費用   項目 費用の目安 火災保険料(10年) 約10万円 住宅ローン手続き費用 融資額の2.2%など金融機関により異なる 印紙代(請負契約書・金銭消費貸借契約書) 1~2万円(各種) 仮住まい・引越し費用(6ヶ月程度) 約90万円   上記の表にまとめているものは諸費用の一例であり、その他にも各種税金や各種負担金などを含めて、本体工事の10%前後を想定しておく必要があります。   基本的に諸費用は現金で用意するものなので、資金計画を立てる際に注意しましょう。   【坪数別】一戸建ての建て替えにかかる費用相場   一戸建ての建て替えにかかる費用相場を、住宅の種類ごとにまとめています。   建て替え費用の大部分は建築費用が占めており、どんな形の家を建てるかで総費用が異なりますので、自分たちの暮らしに合った住まい方を決める参考にして下さい。   ・平屋の家 ・二世帯住宅 ・3階建て住宅   順番に解説します。   平屋の家   坪数 建て替え費用 30坪 約1,500~2,100万円 40坪 約2,000~2,800万円 50坪 約2,500~3,500万円   平屋住宅の坪単価は約50〜70万円が目安となり、同程度の2階建て住宅に比較して坪単価が高い傾向にあります。   理由として、基礎工事と屋根部分の施工面積が多いことが挙げられますが、バリアフリー設計との相性がよいため、二世帯住宅を検討中の方におすすめです。   二世帯住宅   坪数 建て替え費用 30坪 約1,800~2,700万円 40坪 約2,400~3,600万円 50坪 約3,000~4,500万円   二世帯住宅の坪単価は約60〜90万円が目安であり、共有部分により金額に幅があります。   完全分離型はプライバシーを確保しやすいものの、玄関や水回り設備などを世帯で分けて用意するため建築費用が割高です。 部分共有型は建築費用を下げられるものの、共有するスペースや設備について取り決めをするなど、世帯間でプライバシーの配慮が求められます。   3階建て住宅   坪数 建て替え費用 30坪 約1,500~2,700万円 40坪 約2,000~3,600万円 50坪 約2,500~4,500万円   3階建て住宅の坪単価は約50〜90万円が目安となり、構造や建築会社により金額に幅があります。   構造計算費用や地盤改良費が必要であり、2階建て住宅に比べ割高であるため、敷地が狭いケースで検討するのがよいでしょう。   一戸建ての建て替え費用を抑えるポイント3つ   一戸建ての建て替え費用を抑えるポイントをまとめています。 予算の中で最大限満足のいく家づくりをするためにも、要所を押さえておきましょう。   ・業者の得意不得意を見極める ・仮住まいへの引っ越しタイミングを閑散期にする ・家の間取りや設備にこだわりすぎない   順番に解説します。   業者の得意不得意を見極める   業者の得意不得意を見極めることも重要なポイントです。   理由として、建築会社ごとに強みや住宅の特徴が異なることが挙げられます。 理想の住まいを作るためにも、どんな家に住みたいかを考えた上で、建築会社を選んで下さい。   仮住まいへの引っ越しタイミングを閑散期にする   仮住まいへの引越しタイミングを閑散期に合わせることも費用を抑えるポイントの一つです。 現在の住まいから距離が離れていなくとも、引越し費用は馬鹿になりません。   加えて、搬入できる家財は仮住まいの広さにより制限されますので、不要なものは前もって処分しておくとよいでしょう。   家の間取りや設備にこだわりすぎない   建て替え費用を抑えるためには、家の間取りや設備にこだわりすぎてもいけません。予算の中で優先順位を決めて、メリハリを付けることが重要です。   土地取得費用が不要であっても、無理な借入は快適な暮らしを妨げます。   一戸建てを建て替える手順   一戸建てを建て替える流れをまとめています。流れを把握して、行き当たりばったりにならないように計画を立てましょう。   ステップ1. 建築会社を探す ステップ2. 資金計画・建築プランを相談する ステップ3.請負契約を結ぶ ステップ4.仮住まいへ引越し ステップ5.解体工事開始~新築工事開始 ステップ6.工事完成~引渡し   順番に解説します。   ステップ1. 建築会社を探す   建て替えの目的が決まったら、建築会社を探します。   インターネットなどで情報を集め、モデルハウスを見学しながら、自分たちの理想の家に合った建築会社を選びましょう。   ステップ2. 資金計画・建築プランを相談する   気に入った建築会社が見つかったら建築プランや解体工事について相談します。 譲れない条件などを伝えて、認識の齟齬が起きないようにコミュニケーションを密にすることが大切です。   また、大まかな日程が決まった段階で、仮住まいも探しておきましょう。   ステップ3.請負契約を結ぶ   敷地調査の結果を反映した本見積を受けとり、工事請負契約を締結します。 契約当日に全て内容を理解することは難しいため、事前に雛形など用い、内容を事前に確認しておきましょう。   ステップ4.仮住まいへ引越し   解体工事の前に仮住まいへ引っ越します。 事前に近隣へ解体工事が始まる旨の挨拶と電気・ガスの閉栓手続きを忘れないよう注意して下さい。   ステップ5.解体工事開始~新築工事開始   解体後、建物滅失登記を申請したら、新築住宅の着工です。 ここまでくれば後は完成を待つばかりなので、建築の過程を見ながら新生活の準備を始めましょう。   ステップ6.工事完成~引渡し   引渡しの前に竣工立会を実施して、不具合が無いかを確認します。 問題が見つかれば、引き渡しまでに手直しを依頼して下さい。   まとめ:一戸建ての建て替え費用を抑えるポイントを押さえて納得の家づくりを   古屋付きの土地の購入や相続などによる建て替えは珍しい話ではなく、今後さらなる建て替え需要の増加が見込まれます。   建て替え費用の相場や費用を抑えるポイントを把握して、納得のいく家づくりができるよう備えておくことが重要であり、マイホーム購入の際の選択肢として活用しましょう。   桧家住宅では、お客様の要望に沿った家づくりを提案しています。古家の建て替えなど家づくりでお悩みの方は、お気軽にモデルハウスへ足をお運び下さい。
もっとブログを見る

Model House

展示場のご案内

桧家住宅 加古川展示場

〒675-0012
兵庫県加古川市野口町野口188-2
ABCハウジング加古川住宅公園内
079-441-7397

青空リビングのあるリアルサイズモデルハウス

桧家住宅 高知展示場

〒781-8104
高知県高知市高須1丁目15-28
高新住宅総合展示場ライム内
088-856-6885

1年中快適なZ空調が体感できる
子育て家族向けモデルハウス

HINOKIYA HINOKIYA