建匠スタッフブログ

Staff blog | 一生涯お付き合いできるパートナーとして、皆様とともに暮らしをつくる、建匠スタッフが綴ります。 Staff blog | 一生涯お付き合いできるパートナーとして、皆様とともに暮らしをつくる、建匠スタッフが綴ります。

月別ブログ記事

2022.04.07

 

家づくりにおいて、家族構成や子供の成長などを考え、生活空間が確保しやすい3階建て住宅を検討している人は多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、3階建て住宅のメリットやデメリット、後悔しないためのポイントを詳しく解説していきます。

 

「3階建て住宅って実際、住みやすいの?」

 

上記のような疑問を持っている方は、ぜひ本記事を最後までご覧くださいませ。

 

そもそも3階建て住宅とは?

 

 

3階建て住宅とは、3つのフロアがある住宅のことです。

3階建て住宅は2階建て住宅と異なり建築費用が割高になり、災害時の安全性を確保するために「構造計算書」の提出が義務になっています。

 

主に3階建ては地方の広い土地に建てるケースは少なく、都市部の住宅が密集した地域に、居住スペースを確保するために建てることが多いです。

 

3階建て住宅のメリット4つ

 

 

3階建ての住宅は狭い土地だったとしても有効活用できますが、他にもメリットはあります。

ここでは、以下4つの3階建て住宅のメリットについて解説します。

 

・日当たりや見晴らしが良好

・風通しが良好

・フロアごとに生活空間を工夫できる

・狭い土地でもスペースを確保できる

 

3階建て住宅のメリットを知って、これからの家づくりの参考にしてみてください。

 

日当たりや見晴らしが良好

 

3階建て住宅の大きな魅力は「見晴らし」にあります。

 

3階部分にバルコニーやベランダを設けることで2階建ての家とは違った景色を楽しむことができます。

さらに屋上を作ることで、広く街を見渡すことができ、開放感を味わえるでしょう。

 

風通しが良好

 

3階建ての住宅は高い位置にあるので、風通しが良くなります。

さらに窓の配置を工夫することで、より快適な風通しを実現できるでしょう。

 

周囲にある建物や家の向きによって風向きは変わるので、設計段階で風通しがどのように変化するか話し合いましょう。

 

フロアごとに生活空間を工夫できる

 

3階建ては3つのフロアがあるので、1階はお風呂などの水回り、2階はリビング、のようにフロアごとに生活空間を分けることができます。

階ごとに壁紙や床の色を変えることができるので、同じ家の中でもフロアごとに雰囲気をガラッと変化させられます。

 

1階部分は親世帯の家、2階以上は夫婦と子どもの家というように2世帯住宅に活用することもできます。

 

狭い土地でもスペースを確保できる

 

3階建て住宅最大のメリットは「土地を最大限に活用できる」ことです。

 

土地には建ぺい率、容積率といって建てられる家の大きさがあらかじめ決められています。

2階建て住宅の多くは土地の条件を生かし切れておらず、有効活用できていないことが多いです。

 

しかし、3階建て住宅では土地の条件が許す限り上に伸ばすことができ、居住スペースを増やすことができるため土地の条件を有効活用できます。

 

3階建て住宅のデメリット3つ

 

 

3階建て住宅には多くのメリットがあり、都市部に家を建てるのであれば利便性も高くおすすめですが、反対にデメリットもあります。

3階建て住宅には以下の3つのデメリットがあります。

 

・家事動線や生活動線が不便

・建築費用が割高になる

・冷暖房効率が悪く電気代もかかる

 

デメリットを補うような対策も解説するので、3階建て住宅を検討している人は参考にしてみてください。

 

家事動線や生活動線が不便

 

3階建て住宅はそれぞれのフロアで生活空間を分けられますが、フロアを行ったり来たりする手間がかかってしまいます。

 

たとえば、1階にある洗濯機を回している間に2階のキッチンで洗い物をして、洗濯が終わったら1階に取りに行き、洗濯物をまた2階に持っていくというような手間が発生します。

 

また階段での移動が多いため、老後の生活では負担に感じるかもしれません。

そのため、洗濯物を置く場所と干す場所を同じフロアにするなど、生活動線をなるべく短くするような間取りにするのがおすすめです。

 

建築費用が割高になる

 

3階建ての住宅は2階建て住宅に比べて以下の費用が追加でかかります。

 

・構造計算費用(約20万円)

・地盤改良費用(約70万円)

・2箇所の階段設置費用

・地震対策費用

 

上記の費用が追加でかかるので、建築費用は割高になってしまいます。

建築費用を抑えるには、デザインをシンプルにする方法があり、凹凸の少ない箱形のデザインであれば費用を抑えることができます。

 

また水回り設備の配置をまとめたり、設備のグレードを上げすぎたりしないなど、工夫すれば建築費用を抑えることができます。

 

冷暖房効率が悪く電気代もかかる

 

3階建て住宅で冷暖房を効かせようとすると3フロア分の電気代とエアコンなどの設備が必要です。

さらに、空気は暖かければ上に向かいますが、冷たければ下の方に貯まります。

 

そのため、夏は3階部分の日当たりが良く、家全体の暖かい空気が上に集まるため3階が暑くなります。

反対に冬には下の方に冷たい空気が集まり、日当たりも悪いので1階は寒くなってしまうでしょう。

 

季節によってフロアごとの温度が変化するので、2階をメインで過ごす空間にするなどの工夫が必要です。

 

3階建て購入で後悔しないためのポイント4つ

 

 

3階建て住宅を建てるときには後悔しないためのポイントを押さえることが大切です。

後悔しないためのポイントは以下の4つです。

 

・自分の地域の建築規制を調べる

・耐熱性を上げる

・間取りを工夫する

・実績のあるハウスメーカーに依頼する

 

ポイントを押さえて、理想の3階建て住宅をつくりましょう。

 

自分の地域の建築規制を調べる

 

3階建て住宅を建てる前に、住みたいエリアの建築規制を確認してから土地を購入しましょう。

住む地域によって建てられる建物の制限が異なり、制限に該当すると天井が低くなったり、部屋数を確保できなかったりすることがあります。

 

耐熱性を上げる

 

3階建て住宅は夏暑く、冬寒くなりやすいので断熱性能を高めることがおすすめです。

特に3階部分は熱が集まりやすいので、断熱材を厚くするなど、工夫しましょう。

 

間取りを工夫する

 

3階建て住宅は階段の行き来が多くなるので、家事動線を考えて間取りを工夫しましょう。

将来どのような生活を送るかをイメージしながら、間取りを設計することで老後も暮らしやすい家を作ることができるでしょう。

 

実績のあるハウスメーカーに依頼する

 

3階建ての住宅が得意なハウスメーカーであれば、地域の規制や土地の条件を考慮しながらも暮らしやすい建築プランを提案してくれます。

モデルハウスなどの建築実例も見られるので、実際の生活をイメージしやすくなるでしょう。

 

3階建て住宅の施工実例

 

 

ここでは、建匠で取り扱った3階建ての施工実例を紹介します。

3階建て住宅を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

開放的な屋上バルコニーでいつでもリゾート気分なお家

 

建匠では3階建て住宅を提供しており、朝倉米田にリゾート住宅を完成させました。

 

1階に居室を3部屋とトイレを、2階にLDKとバス・トイレをおいて生活動線が工夫された作りになっています。

また、3階部分は屋上となっており、いつでも大空を見渡すことができる住宅になっています。

 

開放的な屋上バルコニーでいつでもリゾート気分なお家♫

 

3階建て住宅に関するよくある質問4つ

 

 

家づくりは多額の資金が必要になるため、慎重に計画を進めていかなければなりません。

ここでは、3階建て住宅に関するよくある質問について解説します。

 

・木造3階建て住宅は危ないって本当?

・3階建て住宅は売れない?

・3階建て住宅はやめた方がいい?

・3階建て住宅で隣人トラブルが起きることはある?

 

3階建て住宅に関する上記4点の疑問を解消して、家づくりを成功させましょう。

 

木造3階建て住宅は危ないって本当?

 

結論、木造3階建て住宅は危ないというのは事実ではありません。

3階建て住宅は2階建て住宅よりも揺れやすいため、耐震性を高めるために、地震に強い材料を使うのがおすすめです。

 

耐震性能の高い材料を使用することで大幅なコストアップにつながると考えられがちですが、2022年現在では手頃な価格で入手できます。

これらの材料をうまく活用すれば、優れた耐震性能のある家を実現できるでしょう。

 

3階建て住宅は売れない?

 

3階建て住宅は2階建てに比べて室内の上下の移動が多いため、売れにくいと言われていますが、それは立地によります。

3階建ては立地を買うとも言われており、周囲に3階建てが多い都市部では立地が良いため売れやすいです。

 

売却を見据えて3階建てを建てるのであれば、なるべく立地の良い土地に建てることをおすすめします。

 

3階建て住宅はやめた方がいい?

 

ネット上で3階建て住宅の評判は良いものばかりではないですが、土地の利便性や日当たりなどを考えるとやめておいた方がいいということはありません。

土地が狭かったとしても居住空間を広げることができ、なおかつ利便性の高い地域に住むことができるので、メリットは大きいといえるでしょう。

 

3階建て住宅で隣人トラブルが起きることはある?

 

3階建て住宅は周囲の住宅に比べて高くなるため日当たりを巡って、隣人トラブルが起きるのではないかと思われがちです。

しかし、隣人の資産価値は下がるわけではなく、北側の家の日当たりも工夫することができるため、トラブルを未然に防ぐことはできます。

 

まとめ:3階建て住宅のメリットを理解して後悔しない家づくりを

 

 

3階建て住宅には2階建てにはないメリットが多くあり、開放的な暮らしを実現できます。

 

一方でデメリットもあるため、デメリットを抑えるような設計や間取りにする必要があります。

設計や間取りを工夫して、快適な家を作りましょう。

 

建匠は家族の思いを込めたオンリーワンのお家づくりを提案しています。

賃貸住宅に満足できない方は、お気軽にモデルハウスへお越し下さいませ。

続きを見る

2022.04.07

 

家を買うというのは大きな買い物なので、いつ買えば良いのか悩む人も少なくありません。

 

本記事では、家を買う人の平均年齢や年収について解説し、それぞれの年齢で家を買った時のメリット・デメリットについても紹介します。

家の購入を検討している人は参考にしてみてください。

 

そもそも家を買う人の平均年齢とは?

 

 

家を買うタイミングは「結婚を機に」「子供が生まれたときに」という人が多いですが、家を買う年齢の目安は知っておきたいものです。

 

ここではフラット35の「利用者調査」の内容を参考に以下の2つについて解説します。

 

・家を買う人の平均年齢

・家を買う人の平均年収

 

家を買う年齢や年収を知って、マイホーム購入の参考にしてください。

 

家を買う人の平均年齢

 

最初に、家を買う人の平均年齢について、フラット35「利用者調査」を基に解説していきます。

 

 

20~29歳

30~39歳

40~49歳

50~59歳

60~64歳

65歳~

平均年齢

全国

15.3%

41.0%

25.4%

12.0%

3.5%

3.8%

40.3歳

東京都

12.7%

39.2%

27.8%

12.8%

3.6%

3.7%

41.0歳

高知県

15.1%

42.7%

30.2%

7%

1.6%

3.2%

38.9歳

引用:フラット35「利用者調査」

 

いずれの地域においても30代で購入した人が一番多く、その次に40代の人が多いです。

全国の世帯主の平均年齢は40.3歳で、東京も同じような平均年齢となっています。

 

しかし高知県では家を購入する平均年齢が38.9歳となっていて、全国平均と比べると少し若い人が建てる傾向にあります。

 

家を買う人の平均年収

 

次に、家を買う人の平均年収について、フラット35「利用者調査」を基に解説していきます。

 

 

400万円以下

400~600万円

600~800万円

800~1,000万円

1,000~1,200万円

1,200~1,400万円

1,400万円以上

平均年収

全国

38.0%

37.8%

13.7%

5.1%

2.1%

1.1%

1.9%

515万円

東京都

25.1%

38.5%

18.6%

8.4%

3.9%

2.1%

3.4%

606万円

高知県

42.4%

38.9%

10.9%

1.2%

0.3%

1.9%

0.9%

464万円

引用:フラット35「利用者調査」

 

家を買う人の平均年収は全国と高知県では400万円以下という人が最も多く、次に400~600万円の人が多いです。

 

東京では400〜600万円という人が一番多く25.1%です。

その次に多いのが400万円以下となっているので、全国のデータとは少し異なります。

 

家を購入するときに、住宅ローンの利用は不可欠ですが、ローンを組むときには自分の年収から逆算して、余裕のある返済計画を練らなければいけません。

 

家を買う年齢は30歳が理想的

 

 

上の表を見ても分かる通り、家を買う年齢に一番適しているのは「30代」です。

住宅ローンには金融機関によって完済年齢が決まっており、75〜80歳までを目安に完済する期限を設けています。

 

そのため住宅ローンの返済期間を35年として、70歳までに完済したいと考えると35歳で住宅ローンを契約する必要があります。

返済期間をなるべく長くしたいので、30代でマイホームの購入を決める人が多くなるのでしょう。

 

また30代では20代の人と比べると生活が安定しており、結婚して家族が増えている人もいます。

そのため今までに住んでいた家が手狭になり、マイホームの購入へと踏み切る人も多いです。

 

【年齢別】20代で家を買う場合のメリット・デメリット

 

 

20代では結婚を機にマイホームを購入する人が多いです。ここでは20代で家を購入するメリット・デメリットについて解説します。

 

・20代で家を買う場合のメリット

・20代で家を買う場合のデメリット

 

20代で家を買う場合のメリット

 

20代で家を購入するメリットは以下の2つです。

 

・定年退職前に住宅ローンを完済できる

・ペアローンが組みやすい

 

【定年退職前に住宅ローンを完済できる】

 

20代で家を購入する大きなメリットは定年退職前に住宅ローンを完済できることです。

例えば25歳で35年ローンを組んだとすると60歳で完済できます。

 

所属する会社によって役職や定年退職の年齢などは変わりますが、完済後は老後の資金を蓄えられるでしょう。

 

【ペアローンを利用しやすい】

 

住宅ローンを借り入れるときに年収が低いとローンを組めないことがあります。

そんなときはパートナーの年収を合算してペアローンを組むことを考えてみましょう。

 

夫婦で利用するペアローンでは2人の年収を合算した金額で住宅ローンが借りられるので、購入する家の選択肢が多くなります。

金融機関によっては結婚前でも婚約していれば合算できるという場合もあるため、相談してみましょう。

 

20代で家を買う場合のデメリット

 

20代で家を購入するデメリットは以下の1つです。

 

・家族の人数が増える可能性が高い

 

夫婦2人と子ども1人の3人家族を想定して家を購入すると、思いがけず子供が2人生まれて家が手狭になってしまうことがあります。

そのため、少し広めの家を購入することをおすすめします。

 

【年齢別】30代前半で家を買う場合のメリット・デメリット

 

 

30代は結婚や出産を迎える人も多く、家を購入する適齢期です。

ここでは30代前半で家を購入するメリット・デメリットについて解説します。

 

・30代前半で家を買う場合のメリット

・30代前半で家を買う場合のデメリット

 

30代前半で家を買う場合のメリット

 

30代前半で家を買うメリットは以下の2つです。

 

・購入できる家の選択肢が増える

・家賃を節約できる

 

【購入できる家の選択肢が増える】

 

30代では20代の人と比べると仕事と収入が安定していて、購入できる家の選択肢が増えます。

仕事によっては年収500万円を超える場合も多く、ペアローンを利用するとさらに希望に近い家を購入できるでしょう。

 

【家賃を節約できる】

 

賃貸住宅ではいくら家賃を払ったとしても自分の資産になることはありません。

ライフスタイルによっては賃貸住宅に住み続けるほうが良いこともありますが、家賃が無駄になってしまうと考えることもできます。

 

30代で家を購入すると、早期に自分の資産を作ることができます。

 

30代前半で家を買う場合のデメリット

 

30代前半で家を買う場合のデメリットは以下の1つです。

 

・ライフスタイルが変化することがある

 

30代前半で家を買うと購入後にライフスタイルが変化して、せっかく買った家がライフスタイルに合わなくなることがあります。

ライフスタイルが変化する原因としては子どもが生まれたり、転勤で勤務地が変わったりすることがあります。

 

家を購入するときには現状のライフスタイルだけでなく、「将来どのようにライフスタイルが変化していくか」を考えながら購入するようにしましょう。

 

【年齢別】30代後半で家を買う場合のメリット・デメリット

 

 

30代後半では収入が安定していることも多く、住宅ローンの審査に通過しやすいタイミングといえるでしょう。

ここでは30代後半で家を買うメリット・デメリットについて解説します。

 

・30代前半で家を買う場合のメリット

・30代前半で家を買う場合のデメリット

 

30代後半で家を買う場合のメリット

 

30代後半で家を買うメリットは以下の1つです。

 

・希望に近い家を購入できる

 

30代後半では経験やスキルによって収入が高くなっていることが多く、より多くの住宅ローンを組んだとしても余裕を持って返済することができます。

さらに頭金として支払える金額も増えるため、希望に近い家を購入できたり、ローンの審査に通過しやすくなったりします。

 

30代後半で家を買う場合のデメリット

 

30代後半で家を買うデメリットは以下の1つです。

 

・老後の生活を圧迫する恐れがある

 

35~39歳で35年のローンを組むと70~74歳で完済することになります。

定年後にも住宅ローンの支払いが続くこともあり、収入が減った老後の生活を圧迫する恐れがあります。

 

そうならないように毎月の返済額とは別にまとまった金額を支払う「繰り上げ返済」を行いましょう。

繰り上げ返済を行うタイミングは人それぞれですが、ボーナスが入ったときや相続などで資産が増えたときに行う人が多いです。

 

【年齢別】40代で家を買う場合のメリット・デメリット

 

 

家を買うときの平均年齢が40歳前後である通り、40代で家を買う人も多いです。

ここでは40代で家を買うメリット・デメリットについて解説します。

 

・40代で家を買う場合のメリット

・40代で家を買う場合のデメリット

 

40代で家を買う場合のメリット

 

40代で家を買うメリットは以下の2つです。

 

・ライフスタイルが変わりにくい

・頭金を多く用意できる

 

【ライフスタイルが変わりにくい】

 

20代〜30代では転職、結婚、出産といったイベントが多く、ライフスタイルが変化しやすいです。

それに比べると40代では生活が安定している人が多く、家を買ったとしてもライフスタイルと合わなくなるということは少ないでしょう。

 

【頭金を多く用意できる】

 

40代になると貯金を利用して、頭金を1,000万円以上用意できるということがあります。

頭金を多く支払うと返済期間を短く設定できる上に、総返済額も減らすことができます。

 

40代で家を買う場合のデメリット

 

40代で家を買うデメリットは以下の1つです。

 

・返済計画をしっかり立てる必要がある

 

40代で家を買う場合、返済計画をしっかり立てる必要があります。

35年ローンを組んだとすると80歳前後までローンを払い続けなければいけないので、老後の生活を圧迫する可能性があります。

 

そのため頭金を多く支払ったり、返済期間を短く設定したりして、完済する時期を早めるという対策が必要になります。

 

【年齢別】50代で家を買う場合のメリット・デメリット

 

 

50代で家を買うと老後の資金に不安が残りますが、返済計画を工夫することでリスクを抑えることができます。

ここでは50代で家を買うメリット・デメリットについて解説します。

 

50代で家を買う場合のメリット

 

50代で家を買うメリットは以下の1つです。

 

・最小限の大きさで家を買える

 

50代を迎えると子供が独立していることが多いため、そこまで広い家を買う必要がないでしょう。

夫婦2人だけが住む家となるとかなりコストを抑えることができます。

 

さらに老後の生活を見越してあらかじめバリアフリーな作りにすることもできます。

通常の住宅ではバリアフリーのためのリフォーム費用がかかりますが、そのコストも抑えることができます。

 

50代で家を買う場合のデメリット

 

50代で家を買うデメリットは以下の1つです。

 

・住宅ローンが組めない可能性が高い

 

金融機関はローンを貸し出すときに、80歳までに完済することを条件にしていることが多いです。

そのため、50代は完済年齢がすぎるため住宅ローンが組めない可能性があります。

 

住宅ローンを組む際は金融機関に事前に相談してみましょう。

 

家を買う年齢に関するよくある質問

 

 

家を買うときは多額の資金が必要になるため慎重に選ぶことが大切です。

ここでは家を買う年齢に関する以下の質問について解説します。

 

・年齢が45歳で家は買うべき?

・年齢が35歳で家を買うのは遅い?

・家を建ててはいけない年齢はある?

・20代で家を買う際に頭金なしはきつい?

 

年齢が45歳で家は買うべき?

 

40代で家を買うことは十分可能で、むしろ住宅を購入する平均年齢といえます。

頭金を多くしたり、繰り上げ返済をおこなったりなど対策は必要ですが、借入金額によっては無理なくローンを完済できるでしょう。

 

年齢が35歳で家を買うのは遅い?

 

35歳で家を買うのは遅くないです。

20代の人と比べると生活も安定していて、収入も上がっていることが多いので30代で家を買う人は非常に多いです。

 

家を建ててはいけない年齢はある?

 

家を建ててはいけない年齢はありません。

 

しかし、年齢と借入金額によってはリスクが高くなることがあります。

住宅ローンを借り入れる金額と完済時の年齢を考慮に入れて返済計画を立てましょう。

 

20代で家を買う際に頭金なしはきつい?

 

20代で頭金なしで家を買うことはできます。

30代で頭金を貯めて、返済を楽にするという考え方もありますが、お金を貯めている間にも家賃は払い続けています。

 

しっかりとした返済計画を立てて、余裕を持って返済できるのなら、頭金なしで購入するのもいいでしょう。

 

まとめ:自分の年齢に見合った資金計画でマイホームを検討しよう

 

 

家を買う人は30代が最も多いですが、これは一般的なデータの話で、必ずしも30代で家を買うのが良いというわけではありません。

ご家庭の収入や貯蓄などのライフスタイルを考えて、家を買う適切な年齢を見極めましょう。

 

建匠は家族の思いを込めたオンリーワンのお家づくりを提案しています。

賃貸住宅に満足できない方は、お気軽にモデルハウスへお越し下さいませ。

 

続きを見る
各種お問い合わせ・ご相談
直近のイベントにご参加予約 期間限定モデルハウスご見学予約 セミナーにご参加予約 カタログ・資料請求 ご来店相談予約
電話でのお問い合わせはこちら 088-856-9272 スマホからお電話の方はこちらをタップ お問い合わせ・資料請求
ページ先頭へ