建匠スタッフブログ

Staff blog | 一生涯お付き合いできるパートナーとして、皆様とともに暮らしをつくる、建匠スタッフが綴ります。 Staff blog | 一生涯お付き合いできるパートナーとして、皆様とともに暮らしをつくる、建匠スタッフが綴ります。

月別ブログ記事

2024.01.31

 

この記事では、平屋の勾配天井について解説します。

 

近年では、屋根のデザインや天井の高さに関して自由度が高い、勾配天井を採用した平屋が注目されています。

開放感があり、通常の平屋では問題視されやすい採光や通風を改善しやすいのが勾配天井の魅力です。

 

一方で、建築費用がかかるなどのデメリットもあります。

そこでこの記事では、平屋で勾配天井を採用するメリットやデメリット、後悔しないポイントについても解説します。

 

勾配天井の採用を検討している人はぜひ最後までお読みください。

 

【この記事でわかること】

勾配天井とはなにか 勾配天井を平屋に採用するメリット・デメリット 勾配天井の平屋で後悔しないためのポイント 建匠が実現した勾配天井の平屋

 

そもそも勾配天井とは?

 

 

勾配天井とは、屋根の勾配に合わせて斜めにした天井のことです。

水平に設けられた天井にはない独自の魅力があり、空間に開放感も生まれます。

 

よく間違われるものに吹き抜けがありますが、勾配天井との違いは以下の通りです。

 

勾配天井

傾斜のある屋根に沿った形状の天井

吹き抜け

2つ以上の階にまたがる空間

 

どちらも天井を高くする方法であり、ワンフロアか複数のフロアにまたがるかが大きな違いです。

 

勾配天井を平屋に採用するメリット

 

 

ここでは、勾配天井を平屋に採用するメリットを4つ紹介します。

 

室内に日光が差し込んで明るくなる 天井が高く開放感がある 風通しが良い ロフトで空間を有効活用できる

 

それぞれ見ていきましょう。

 

室内に日光が差し込んで明るくなる

 

勾配天井によって生まれた高い空間に窓を設けることで、室内に自然光が差し込み、明るくなります。

 

平屋は構造上、中心に位置する部屋にはほとんど日光が入りません。

そのため、窓を設ける場所をよく検討しなければなりません。十分に検討せずに窓を設置してしまうと、道路や隣家からの視線が届きやすく、プライバシーの確保が困難になります。

 

勾配天井によって生まれた高い位置に窓を設けることで、採光を確保しながらプライバシーを守ることが可能です。

 

天井が高く開放感がある

 

勾配天井を取り入れることで天井が高くなるため、縦方向に開放感が生まれます。

一般的な水平の天井にするよりも圧迫感から解放され、快適な居住空間を実現可能です。

 

風通しが良い

 

勾配天井を持つ平屋では、屋根が斜めになっているため空気の流れがスムーズです。

 

部屋全体の空気が循環しやすくなり、快適な居住環境を作り出すことに繋がります。

夏場の暑い時期や湿度が高い日でも、風が通り抜けて快適に過ごせます。

 

また、自然の風を利用することで、エアコンなどの使用頻度を減らし、電気代の節約にも繋がります。

 

ロフトで空間を有効活用できる

 

縦方向にスペースが生まれるため、勾配天井の下にロフトを設けることで空間を最大限に活用できます。

 

ロフトは、寝室や書斎、趣味のスペースなど、さまざまな用途で利用可能です。

平屋の勾配天井の下に設置すれば、床面積を減らさずに追加の空間を確保できます。

 

スペースを有効活用できるロフトを設置できることが、勾配天井を持つ平屋の大きな魅力の1つです。

 

勾配天井を平屋に採用するデメリット

 

 

ここでは、勾配天井を平屋に採用するデメリットを3つ紹介します。

 

建築費用が高くなる メンテナンスコストが大きい 冷暖房効率・断熱性能で劣る

 

順番に見ていきましょう。

 

建築費用が高くなる

 

勾配天井を採用すると水平な天井よりも壁の面積が増えるため、建築費用が高くなる場合があります。

 

2階建ての住宅よりも壁面積が広いこともあります。

壁面が広くなるほど外装、内装ともに必要な材料と工数が増えるため、工期も長引きやすくなります。

 

水平な天井を採用する平屋よりも、建築費用がかかることを覚えておきましょう。

 

メンテナンスコストが大きい

 

勾配天井を採用することで縦方向にスペースが生まれる分、高い部分のメンテナンスが手間でコストもかかります。

 

水平な天井の平屋であれば不要だった足場の設置や、壁の面積に応じた材料などの手間がかかります。

業者に依頼するとメンテナンスが高額になりやすいことを覚えておきましょう。

 

また、自分で行う際も、高い位置の掃除や照明の交換などは負担になるため、高齢になったときのことも考慮することが重要です。

 

冷暖房効率・断熱性能で劣る

 

勾配天井を採用すると、冷暖房効率・断熱性能で劣るケースがあります。

 

水平な天井を採用する平屋よりも縦方向にスペースが生まれるため、部屋を暖めるにも涼しくするにも時間がかかってしまいます。

水平の天井であれば天井裏に断熱材を入れて断熱性能を高められますが、勾配天井では屋根の構造部分に断熱材を入れます。

 

そのため、構造部分に入れられる断熱材が限られ、断熱性能が低くなりやすい点がデメリットといえます。

 

勾配天井の平屋で後悔しないためのポイント

 

 

ここでは、勾配天井の平屋で後悔しないためのポイントを2つ紹介します。

 

屋根や外壁の断熱性能を高める 照明や空調の位置を工夫する

 

それぞれ見ていきましょう。

 

屋根や外壁の断熱性能を高める

 

勾配天井では断熱性能が低くなりやすいものの、工夫次第で断熱性能を高めることは可能です。

例えば、断熱・遮熱性の高い外壁や屋根、サッシ・窓ガラスを使用したり、寝室や脱衣所など部分的に勾配天井を採用しない空間を設けたりするなどの方法があります。

 

近年は断熱効果が得られる遮熱・断熱の塗料もあるため、室内の断熱性能を高めることが可能です。

 

照明や空調の位置を工夫する

 

高い位置の照明や空調などのメンテナンスに手間がかかるため、照明や空調の位置を工夫しましょう。

 

例えば、照明器具にペンダントライトを設置し、手が届く位置までコードをのばして照明を持ってくると、掃除や電球交換が楽になります。

ほかにも、昇降機能つきのシーリングファンを選んだり、伸縮性のあるホコリ取りを購入したりするなど、工夫方法はさまざまです。

 

照明やシーリングファンは床から3m以内の位置にすると良いでしょう。

 

建匠が実現した勾配天井の平屋

 

 

※出典:勾配天井で開放的に暮らせるL字型の平屋|高知で新築注文住宅なら【建匠】家族の笑顔を生み出す工務店

 

ここでは、建匠で勾配天井を採用した平屋の事例を紹介します。

 

勾配天井で開放的に暮らせるL字型の平屋は、勾配天井で開放感のあるリビングにしつつ、床もダウンフロアにすることで、さらに空間を広くしているのが特徴です。

L字型の平屋であれば採光や通風を確保しながらプライベート空間を作りやすく、内部の土地を駐車スペースにできるのもメリットです。

 

建匠は、豊富な施工実績から積み上げたノウハウを基に、お客様に寄り添いながら理想のマイホームづくりをサポートしています。

高知県で勾配天井の平屋を検討している人は、ぜひ建匠にお問い合わせください。

 

建匠の家づくりについて問い合わせる

 

勾配天井の平屋に関するよくある質問

 

 

ここでは、勾配天井の平屋に関するよくある質問を3つ紹介します。

 

勾配天井の平屋の外観はどうなっている? 勾配天井がダサいと感じてしまう原因は? 勾配天井の最も高い部分の高さはどれくらい?

 

それぞれ見ていきましょう。

 

勾配天井の平屋の外観はどうなっている?

 

勾配天井を採用した平屋の外観は、傾斜した屋根が特徴です。

屋根が傾斜することで、建物に独自のデザインが加わり、より現代的で洗練された印象があります。

 

外観デザインは建築家やデザイナーのセンスに依存する部分は大きいものの、勾配天井も独自の魅力を持っています。

 

勾配天井がダサいと感じてしまう原因は?

 

勾配天井がダサいと感じる原因は人によって異なりますが、一般的な理由として以下のものが挙げられます。

 

勾配天井全体のデザインが内装・インテリアと調和していない 天井が高すぎて落ち着かない 勾配天井の面積が小さく、圧迫感がある

 

勾配天井を採用する場合は、ダサいと感じる理由を踏まえてデザインや勾配天井の範囲を検討しましょう。

 

勾配天井の最も高い部分の高さはどれくらい?

 

勾配天井の最も高い部分の高さは、4〜5mが一般的です。

水平な天井の一般的な天井高は2.4m、建築基準法で定められた最低限の居室の天井高は2.1mです。

 

法令を遵守しながら自分の要望を満たせるデザインにしましょう。

 

開放感あふれる勾配天井の平屋なら建匠

 

 

勾配天井を採用した平屋は、開放感が生まれるだけでなく、一般的な平屋で問題となる採光や通風の悩みを改善しやすくなります。

断熱性能やメンテナンスは事前に対応策を検討しておけば、断熱性能を高められ、比較的容易にメンテナンスできます。

 

より快適に過ごせる勾配天井の平屋を建築するには、施工実績が豊富で信頼できる業者選びが欠かせません。

 

建匠は高知県にある工務店として、お客様のライフスタイルやニーズに合ったこだわりの住宅プランをご提案しています。

多彩なデザインやオプション、カスタマイズが可能なプランで、理想の暮らしを実現できます。

 

高知県でマイホームの購入を検討している人は、ぜひ一度建匠にご相談ください。

 

建匠で家づくりについて問い合わせる

 

続きを見る

2024.01.31

この記事では、新築の引渡し時にお礼が必要かどうかを解説します。

 

引渡しの時期が近づいてくると、お世話になった営業担当者や現場などへのお礼を考える人もいます。

その際、渡す品や相場、渡すタイミングなど疑問点は多くあります。

 

この記事では、新築の引渡し時におけるお礼について、手紙の例や渡し方なども解説します。

引渡しを目の前に控えている人はぜひ最後までお読みください。

 

【この記事でわかること】

新築引渡し時のお礼は必要なのか 新築引渡し時のお礼の相場は2,000〜5,000円 新築引渡し時のお礼の品一覧 新築引渡し時に渡す手紙の一例・渡し方

 

新築引渡し時のお礼は必要なのか

 

 

新築の引渡し時にお礼が必要かどうかは人それぞれ異なりますが、基本的には渡さなくても問題ありません。

 

実際に、ハウスメーカーにお礼の品を渡す人の割合は、全体の約30〜40%です。

ハウスメーカーによっては、以下のような細かな規定を設けているケースもあります。

 

顧客からお礼の品を受け取るのは禁止 会社宛てはOKだが個人宛てのお礼は禁止 金銭は禁止だが菓子折りや日用品ならOK

 

引渡し時のお礼は、ハウスメーカーや関係者に感謝の気持ちを表す良い機会です。

しかし、ルールが設けられている場合もあるため、事前に確認したうえでお礼の内容を検討しましょう。

 

新築引渡し時に渡すお礼の相場は約2,000〜5,000円

 

 

 

新築の引渡し時にお礼の品を渡すのであれば、相場は約2,000〜5,000円程度です。

 

あまりにも高額なお礼をすると、かえって相手に負担をかけてしまう場合もあります。

"ほんの気持ち"の金額で選ぶお礼品のほうが、受け取ってもらいやすいといえます。

 

新築引渡し時におすすめのお礼一覧

 

 

ここでは、新築の引渡し時におすすめのお礼一覧を紹介します。

 

お酒 お菓子 手紙 その他のおすすめの品

 

それぞれ見ていきましょう。

 

お酒

 

営業担当者や現場監督には男性が多いため、お酒が好きという情報が得られれば喜ばれるでしょう。

具体的には、以下の種類が候補に挙げられます。

 

日本酒 ビール ワイン

 

ただし、お酒を選ぶ際は高額にならないよう注意しましょう。

また、日本酒やワイン、ビールなど好みの種類を確認しておくことが大切です。

 

お菓子

 

手軽に持ち運びができるお菓子も、ハウスメーカーの営業担当者や現場監督へのお礼におすすめです。

具体的には、以下の品が候補に挙げられます。

 

クッキー ラスク バームクーヘン マドレーヌ

 

また、複数のお菓子が1つの箱に入っているアソート商品も良いといえます。

 

事前に相手が甘いものを好むか聞いておくのも有効です。

甘いものが苦手であれば、せんべいや豆菓子系を選ぶことをおすすめします。

 

手紙

 

手紙は営業担当者や現場担当者など、相手に対する感謝の気持ちをより深く伝える手段です。

品物を渡さない場合や、普段忙しくゆっくりと話す機会がない場合に適しています。

 

入居後もメンテナンスなどで長期的に付き合っていくことが想定されるので、一定期間住んだあとに感謝の気持ちを綴るのも1つの方法です。

 

その他のおすすめの品

 

以下の品をお礼に渡すのもおすすめです。

 

ネクタイ カタログギフト 商品券 おつまみセット ボールペンなどの文房具

 

営業担当者がスーツを着ている場合、ネクタイは毎日使うものとして喜ばれるでしょう。

相手の負担にならないように無難なデザイン、かつブランド品や高額なものは避けることが重要です。

 

具体的に何を渡すか決められない場合は、カタログギフトを贈って、相手に好きなものを選んでもらうのも良いといえます。

 

新築引渡し時に渡す手紙の一例

 

 

以下は、新築の引渡し時に渡す手紙の一例です。親しみやすい例文と格式のある例文の2種類を用意しています。

 

<親しみやすい例文>

 

〇〇様


この度は、私たち家族の家づくりに色々とアドバイスをしていただき、ありがとうございました。


初めての家づくりで右も左もわからず不安でしたが、親身に対応してくださったみなさまのお陰で、あっという間に不安は吹き飛びました。


これから、この家で家族みんなが楽しく過ごしていけると思います。

これからも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。


〇〇様のさらなるご活躍をお祈りしております。

〇〇(施主名のフルネーム)

 

<格式のある例文>

拝啓 早春の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。(季節に合わせた挨拶)


この度は、新築の引渡しにおいて大変お世話になりました。

おかげさまで理想の住まいが手に入り、大変嬉しく思っております。


ハウスメーカーのみなさま、関係者の方々、そして工事に携わったすべての方々に感謝の気持ちをお伝えしたく、この手紙を書かせていただきました。

みなさまのお力添えなしでは、この素晴らしい住まいは実現しなかったことと心から感じております。


お忙しい中、私たちの要望を丁寧に聞いてくださり、細部にわたり誠実に対応していただいたことに感謝しております。

これからもこの住まいで素敵な日々を過ごしていきたいと思います。


今後とも、末永いお付き合いをいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


敬具

〇〇(施主名のフルネーム)

 

上記の例文を参考にしながら、渡す相手との関係性を考慮して手紙を書きましょう。

 

新築引渡し時のお礼の渡し方

 

 

ここでは、新築の引渡し時におけるお礼の渡し方を解説します。

 

渡す相手 必要な準備 渡すタイミング 適切な手順

 

順番に見ていきましょう。

 

渡す相手

 

ハウスメーカーの営業担当者に渡すケースがほとんどです。

 

また、営業担当者と現場監督の双方に渡しても問題ありません。

双方に渡す場合は、同じものを用意して差を出さないことがポイントです。

 

必要な準備

 

お礼の品物には、水引が紅白の蝶結びになっている熨斗(のし)をかけます。

上段の表書きは「御礼」や「心ばかり」とし、下段には贈り主である施主の苗字を入れます。

 

熨斗紙は購入店で用意してもらえるほか、プリンターがあれば自分で作ることも可能です。

 

また、お礼を渡すときはあまりに派手な服装や、Tシャツにハーフパンツ、サンダル履きなど過度にラフな服装は避けたほうが良いでしょう。

 

渡すタイミング

 

お礼の品を渡すベストタイミングは、お互いの顔合わせ時です。

 

ただし、引渡し時は完成した家の説明を受けたり、設備チェックをしたりする必要があるため、先にお礼の品を渡してしまうと相手が置き場所に困ってしまうケースも考えられます。

したがって、すべての確認作業が完了したあとに渡したほうが親切だといえます。

 

適切な手順

 

新築の引渡し時にお礼をする場合は、以下の順で行いましょう。

 

相手の都合を確認する お礼品を用意する 引渡し時の作業後に渡す

 

お礼品を渡す場合、品物を渡しても問題ないのか、会社宛のほうが良いのかなど、相手の都合を聞いておく必要があります。

その後、相手の好みや関係性に合わせた品物を選び、水引が紅白の蝶結びになっている熨斗(のし)をかけるなど適切な準備をします。

 

最後に、内装確認や設備チェックなどすべての作業が完了したらお礼品を渡しましょう。

 

新築引渡し時のお礼に関するよくある質問

 

 

ここでは、新築引渡し時のお礼に関するよくある質問を紹介します。

 

新築引渡し時のお礼でやってはいけないことは? 新築引渡しの後も担当者との関係は続く?

 

順番に見ていきましょう。

 

新築引渡し時のお礼でやってはいけないことは?

 

新築の引渡し時のお礼でやってはいけないことは、以下の通りです。

 

高額なお礼品を押し付ける 敬遠されやすいお礼品を避ける 不適切な言動をしない

 

お礼品の金額は約2,000〜5,000円の範囲内で選び、相手への負担を考慮しましょう。

 

青果や鮮魚、ケーキなどの生ものは日持ちしないほか、最悪の場合体調を崩してしまうおそれもあります。

食べ物を贈る場合は、扱いやすいものを選ぶことをおすすめします。

 

また、失礼な言動や冗談は慎みましょう。今後もメンテナンスなどで長い付き合いになる可能性もあります。

不適切な言動をとると将来にも悪影響を及ぼします。

 

新築引渡しの後も担当者との関係は続く?

 

新築の引渡し後も営業担当者と関係が続くかどうかは、その会社の方針や営業担当者によって異なります。

 

基本的に、ハウスメーカーで家を完成させた後はアフターサービス部門に引き継がれます。

家に不具合が見つかった場合は、専用の相談窓口に連絡するのが一般的です。

 

また、営業担当者が退職をしたり異動になったりするケースも考えられるため、自然と関係が薄くなります。

営業担当者が相談相手ではなくなったあと、どのような関係が続くかはケースバイケースです。

 

新築引渡し時のお礼を渡すとさらに感謝の気持ちが伝わる

 

新築の引渡し時にお礼を渡さなくても問題ありませんが、感謝の気持ちを込めてお礼をするのはすてきな行動です。

 

ただし、ハウスメーカーによってお礼品の受け取りにルールを設けている場合があるため、事前に確認する必要があります。

仮に受け取ってもらえない場合は、手紙やメールで感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

 

高知県で注文住宅を提供する建匠では、家づくりに関する相談を承っています。

該当の地域でマイホームの購入を検討している人は、ぜひ一度建匠にご相談ください。

 

建匠で家づくりについて問い合わせる

 

続きを見る

2024.01.26

 

この記事では、離婚時に住宅ローン残債があるとどうなるのかを解説します。

 

結婚してマイホームを購入するときは住宅ローンを組むことが一般的です。

しかし、離婚すればどちらが返済義務を負うのか、不動産の名義はどうするのかなど、慎重に話し合わなければならない項目が複数あります。

 

この記事では、離婚時に住宅ローン残債があるとどうなるのか、返済方法やリスクについて解説します。

離婚時の住宅ローン残債で悩んでいる人は、ぜひ最後までお読みください。

 

【この記事でわかること】

離婚時に住宅ローン残債がある場合に確認する4つのこと 【事例別】離婚時の住宅ローン残債を返済する方法 住宅ローン残債がある状態で離婚するリスク 住宅ローン残債がある状態で離婚する場合の注意点

 

離婚時に住宅ローン残債がある場合に確認すること

 

 

離婚時に問題になるのが夫婦で購入したマイホームに関する対応方法です。

ここでは、住宅ローン残債がある場合に確認することを4つ解説します。

 

不動産の名義や価値 住宅ローン残債 契約内容 夫婦間で残債を支払う割合

 

それぞれ見ていきましょう。

 

不動産の名義や価値

 

離婚時に住宅ローン残債がある場合に確認する内容の1つ目は、不動産の名義や価値です。

 

不動産の名義を調べることで住宅ローンの返済義務が誰にあるのかがわかり、価値を知ることで売却するかが判断できます。

不動産の名義は、住宅ローンの融資を受けたときの書類や登記簿謄本などで確認可能です。

 

登記簿謄本が見つからない場合は、法務局から取得しましょう。

 

住宅ローン残債

 

離婚時に住宅ローン残債がある場合に確認する内容の2つ目は、住宅ローン残債です。

住宅ローン残債が不動産の価値よりも低い"アンダーローン"の場合は問題なく売却できます。

 

一方で、残債が価値よりも高い"オーバーローン"の場合は、売却後もローンが残るため自己資金でカバーしなければなりません。

住宅ローン残債は"返済予定表"や"残高証明書"などで把握できるほか、借入先の金融機関に直接問い合わせるのも有効です。

 

契約内容

 

離婚時に住宅ローン残債がある場合に確認する内容の3つ目は、契約内容です。

 

"金銭消費貸借契約書"で、債務者と連帯保証人が誰になっているか契約内容を確認しましょう。

住宅ローン契約の主なパターンは、以下の4つです。

 

契約パターン

概要

単独債務型

夫か妻のどちらかが返済義務を負う

連帯債務型

主債務者と連帯債務者は1本の住宅ローンを契約する 両者で返済していく義務を負う

連帯保証型

主債務者が返済義務を負う 主債務者が返済を怠った場合、連帯保証人が代わりに返済義務を負う

ペアローン

夫と妻がそれぞれ1本の住宅ローンを契約する それぞれが相手の連帯保証人となる

 

上記のどれに当てはまるのか、契約内容をしっかりと確認しましょう。

 

夫婦間で残債を支払う割合

 

離婚時に住宅ローン残債がある場合に確認する内容の4つ目は、夫婦間で残債を支払う割合です。

 

基本的に残債の返済義務は名義人にあります。

しかし、結婚生活のために負担した債務であれば、名義に関係なく夫婦共に返済すべきだとする考え方もあります。

 

子供がいる場合は、養育費を住宅ローンと相殺したり慰謝料の代わりに不動産を渡したりして、返済方法や負担割合を決める方法もあります。

 

【事例別】離婚時の住宅ローン残債を返済する方法

 

 

離婚時の住宅ローン残債を返済する際、以下の3つのケースが考えられます。

 

家を売却して住まなくなる場合 債務者である夫が住み続ける場合 債務者ではない妻が住み続ける場合

 

どのケースを選択するかで支払いの対応が異なるため、参考にしてください。

 

家を売却して住まなくなる場合

 

家を売却して住まなくなる場合、アンダーローンであれば住宅ローン残債を完済できます。

完済後も売却で得た資金が残っていれば、仲介手数料などの必要な諸費用を差し引いた後に夫婦で折半するのが一般的です。

 

オーバーローンの場合は住宅ローン残債を完済できないため、不足分を自己資金などでカバーしない限りは売却できません。

オーバーローンの注意点は、連帯保証型の契約パターンです。

 

連帯保証型かつオーバーローンの場合、万が一主債務者が滞納すれば連帯保証人が返済を肩代わりする必要があります。

 

債務者である夫が住み続ける場合

 

債務者である夫が住み続ける場合、特に面倒な手続きはありません。

 

ただし、妻が連帯保証人になっている場合は、夫が滞納したときに返済負担が生じてしまいます。

新しい保証人を立てようとしても、変更を認めてくれるかどうかは金融機関次第であり、簡単にはいかないのが一般的です。

 

ペアローンの場合は融資条件に"自分が住むこと"が含まれているケースが多くあります。

その場合、離婚して片方が住まなくなると条件を満たさなくなります。

 

金利の高いローンへの変更か、一括返済を求められるおそれもあります。

 

債務者ではない妻が住み続ける場合

 

債務者ではない妻が住み続ける場合、住宅ローン残債があればさまざまなリスクを背負うことになります。

 

よくある事例に、養育費や慰謝料の代わりに夫が住宅ローンを支払うケースがあります。

万が一、夫が滞納すれば家を退去させられることもあります。

 

また、夫が勝手に家を売却するリスクもあります。

妻に安定した収入がある場合は、名義人を変更できるケースもあるので、金融機関に相談してみましょう。

 

住宅ローン残債がある状態で離婚するリスク

 

 

ここでは、住宅ローン残債がある状態で離婚するリスクを3つ紹介します。

 

ローン残債が支払われない 知らないうちに家が売却される 期限内に退去されない

 

それぞれ見ていきましょう。

 

ローン残債が支払われない

 

住宅ローン残債がある状態で離婚するリスクの1つ目は、ローン残債が支払われないことです。

離婚後名義人である夫が出ていき、妻と子供が家で暮らす場合を例に考えます。

 

夫の再婚によって返済が滞ったり、病気や転職などで収入が減少して滞納したりするリスクもゼロではありません。

名義人が残債を支払わない場合、融資している側の債権者は、貸したお金の回収のために強制的に競売にかけてしまいます。

 

非名義人である妻が連帯保証人になっている場合は、滞納によって残債すべてを返済するよう求められることも少なくありません。

 

知らないうちに家が売却される

 

住宅ローン残債がある状態で離婚するリスクの2つ目は、知らないうちに家が売却されることです。

 

家を売却できるのは名義人であるため、仮に非名義人の妻や子供が暮らし続けた場合、勝手に売却される場合があります。

妻と子供が暮らしているからといって、売却を取り消すことは困難です。

 

期限内に退去されない

 

住宅ローン残債がある状態で離婚するリスクの3つ目は、期限内に退去されないことです。

妻の再就職までや、子供が卒業するまでなど、一定期間を設けて離婚後も非名義人が家に住み続けることがあります。

 

約束した期間を超えて退去されない場合、そのまま住み続けてしまうケースがあります。

一定期間を設ける際は『離婚協議書』を作成し、家を使用する権限や期限などを細かく明記することが大切です。

 

住宅ローン残債がある状態で離婚する場合の注意点

 

 

ここでは、住宅ローン残債がある状態で離婚する場合の注意点を3つ紹介します。

 

公正証書を作成する 売却するには共有名義人の承諾が必要 残債支払いの分け方は養育費などを考慮する

 

順番に見ていきましょう。

 

公正証書を作成する

 

住宅ローンの非名義人が家に住み続ける場合は、リスクを避けるため公正証書を作成しましょう。

公正証書に記載した内容には遵守する義務が課され、不履行の場合は強制執行の対象となります。

 

住宅ローン残債の支払い義務や財産分与、養育費、親権などに関する取り決めなどを記載し、離婚後のトラブルを回避しましょう。

 

売却するには共有名義人の承諾が必要

 

共有名義である不動産を売却する場合、共有名義人の承諾が必要です。

 

夫と妻のどちらか一方が勝手に売却を進められないため、離婚時には共有名義を解消しておきましょう。

住宅ローンの借り換えや、一括返済などで共有名義を解消できます。

 

残債支払いの分け方は養育費などを考慮する

 

家の名義人が住宅ローン残債と養育費の2つの支払いを抱える場合、支払いの分け方を考慮する必要があります。

なぜなら、住宅ローン残債と養育費の支払い負担の重さから、支払いが困難になるケースがあるからです。

 

非名義人が家に住み続ける場合は滞納があるとトラブルになるため、夫婦でよく話し合う必要があります。

例えば、養育費の相場が月12万円でローン返済額が毎月5万円ある場合は、12万円から5万円を差し引いて、7万円を養育費とするのも1つの方法です。

 

 

 

ここでは、住宅ローン以外の2つの費用について解説します。

 

住宅ローン以外の債務 固定資産税・都市計画税

 

それぞれ見ていきましょう。

 

住宅ローン以外の債務

 

離婚時に住宅ローン以外の債務がある場合は、夫婦が共同で作った借金だと認識されます。

そのため、基本的には財産分与の対象となります。

 

プラスの資産から債務を差し引いた残額を、夫婦で2分の1ずつに分け合うのが一般的です。

 

固定資産税・都市計画税

 

固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日時点の不動産の名義人が納付するのが一般的です。

ただし、話し合いによって合意できれば、住み続ける非名義人が負担することも可能です。

 

離婚と住宅ローンに関するよくある質問

 

ここでは、離婚と住宅ローンに関するよくある質問を3つ紹介します。

 

離婚時に住宅ローン残債がある場合はどこに相談したらいい? 離婚時の住宅ローン残債は慰謝料に影響する? 離婚時の住宅ローン残債は養育費で相殺できる?

 

それぞれ回答していきます。

 

離婚時に住宅ローン残債がある場合はどこに相談したらいい?

 

離婚を機に家を売却する場合は、住宅ローン残債も含めて不動産会社に相談することをおすすめします。

離婚後のトラブルを避けるために、弁護士や離婚カウンセラーに相談するのも有効です。

 

離婚時の住宅ローン残債は慰謝料に影響する?

 

住宅ローンと慰謝料は性質が異なるため、影響を与えることはありません。

 

慰謝料は不貞行為や暴力行為など、責められるべき理由があって相手に支払う賠償金です。

住宅ローン残債があるからといって慰謝料を減らすことは、相手が納得しない限りありません。

 

離婚時の住宅ローン残債は養育費で相殺できる?

 

離婚時の住宅ローン残債は養育費で相殺できます。

非名義人の妻と子供が家に住み続ける場合、養育費の代わりに住宅ローンを支払うことを夫婦が納得していれば問題ありません。

 

離婚時の住宅ローン残債は確認すべき内容を押さえておこう

 

 

離婚時の住宅ローン残債は、不動産の名義や価値、契約形態などによって、注意しなければならない項目があります。

特に、連帯保証人になっている非名義人が家に住み続ける際はリスクが大きいため、公正証書を作成するなどして対策が必要です。

 

住宅ローンが残っている状態で売却する場合、プロに相談するのがおすすめです。

 

建匠では高知県を中心に家づくりだけでなく、住宅ローンなど資金計画の相談にも対応しています。

お客様に寄り添いながら最適な方法を提案しますので、ぜひ建匠にご相談ください。

 

建匠で家づくりについて問い合わせる

続きを見る

2024.01.17

 

この記事では、高気密・高断熱住宅なのに寒いと感じる原因を解説します。

 

高気密・高断熱のはずなのに、実際に住むと「冬場に寒さを感じた」という人も少なくありません。

気密性能や断熱性能には、建築基準法などの規定があるわけではなく、住宅メーカーによって判断基準が異なるため、住む前に実生活を想定することは困難です。

 

この記事では、高気密・高断熱住宅で寒く感じる原因や住宅の気密性・断熱性を調べる方法、寒さ対策を詳しく解説します。

 

これからマイホームを建てようと検討している人や現在寒さで悩んでいる人は、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

 

【この記事でわかること】

高気密・高断熱住宅で寒いと感じる原因 住宅の気密性・断熱性を把握する方法 高気密・高断熱住宅で冬に寒さを感じた時の対策法

 

【あわせて読みたい】

高気密・高断熱住宅のメリット・デメリットは?後悔しないためのポイントも

 

高気密・高断熱住宅で寒いと感じる原因

 

 

ここでは、高気密・高断熱住宅で寒いと感じる4つの原因を解説します。

 

根本的に気密性・断熱性が低い 暖房や採暖が不十分 気密性・断熱性を考慮していない間取り 換気扇が寒さに影響している

 

それぞれ見ていきましょう。

 

根本的に気密性・断熱性が低い

 

マイホームで冬に寒さを感じる最も大きな原因は、根本的な断熱性能・気密性能の不足です。

断熱性能を高めるためには、外壁内だけでなく屋根・床下にも断熱材を施工し、窓とサッシも断熱効果の高い建材を使用する必要があります。

 

また、断熱性能を高めたとしても、気密性が低ければ室内の暖められた空気が外部に排出され、外の冷たい空気が室内に流入しやすくなります。

基本的な気密性・断熱性の不足が、冬場に寒さを感じる1番の原因です。

 

暖房や採暖が不十分である

 

気密性・断熱性が高ければ高いほど、暖房や採暖が十分でなければ、暖める前の室温が保たれて寒さを感じます。

 

窓から太陽熱を取り込む採暖、エアコンやストーブで暖める暖房などを使用して、室温を快適と感じる温度まで十分に暖めましょう。

高気密・高断熱住宅であれば、一度部屋の内部が暖まるとエアコンのスイッチをオフにしても長時間快適に過ごせます。

 

気密性・断熱性を考慮していない間取りである

 

空気の流れが滞りがちな複雑な間取りである場合や、吹き抜けなどを多用した大空間設計の場合、隙間ができるおそれがあります。

 

デザインを優先して複雑に雁行した屋根や下屋にした場合、断熱材を施工できない箇所が生じる場合があり、気密性・断熱性の点では不利になるでしょう。

設計段階では、気密性・断熱性を考慮して設計士と打ち合わせを実施しましょう。

 

換気扇が寒さに影響している

 

住宅メーカーの多くでは、吸気は自然吸気、排気を換気扇で行う第3種換気システムを採用するケースが多く見受けられます。

 

吸気が自然吸気の場合、外の冷たい空気がそのまま室内に流入され、室温が低下します。

可能な限り、吸気も換気扇で行う第1種換気システムを採用しましょう。

 

また、室内の暖かい熱だけを回収して外気を吸気してくれる、熱交換機能付きの換気システムを選ぶことがおすすめです。

 

住宅の気密性・断熱性を把握する方法

 

 

ここでは、住宅の気密性・断熱性の把握方法を解説します。

 

C値 Q値・UA値

 

上記2点のポイントを押さえておきましょう。

 

C値

 

C値とは、住宅全体にどれくらい隙間があるかを示した数値です。C値の値が低いほど、気密性が高くなります。

C値の計算式は、以下の通りです。

 

隙間の面積÷住宅の延床面積

 

以前の省エネ法では、北海道・東北で2.0、それ以外の地域で5.0がC値の標準とされ、それ以下であれば高気密住宅とされていました。

 

Q値・UA値

 

Q値は熱損失計数とも呼ばれ、住宅内の熱がどれだけ外部に放出されるかを示した数値です。

 

外気との温度差が1℃の時に放出される熱量を、数値で表しています。

数値が小さいほど断熱性能が高くなります。

 

UA値は外皮平均熱貫流率とも呼ばれ、外部への熱の逃げやすさを示した数値です。

 

外皮とは、外壁・屋根・床の合計面積で、それぞれから放出される熱量の平均がUA値です。

こちらも数値が低いほど断熱性が高くなります。

 

2013年に改正された『平成25年基準』からは、Q値に代わってUA値が次世代省エネ基準の中心的指標になりました。

 

【場所別】高気密・高断熱住宅で冬に寒い時の対策

 

 

ここでは、高気密・高断熱住宅で冬に寒い時の対策を解説します。

 

玄関 お風呂・脱衣所 トイレ

 

上記3箇所ごとに、対策法を押さえておきましょう。

 

玄関

 

玄関の対策として、ドアを高気密・高断熱性にする方法がおすすめです。

玄関は窓と並ぶ大きな開口部で、冬場には開閉のたびに外の冷たい空気が入ってきます。

 

また、現在よく使用される玄関ドアにはアルミ材を使用したものが多く、冷やされやすいアルミによって玄関内の気温が下がるおそれがあります。

 

玄関ドアの気密性は、キッチンの換気扇を回した状態で玄関ドアの四隅に手をかざせば簡単にチェックできます。

隙間があると、手に冷たい空気の流れを感じます。

 

お風呂・脱衣所

 

お風呂や脱衣所の寒さを根本から解消したい場合は、隙間を発泡ウレタンや気密テープ、コーキング材などで徹底的に塞いでください。

 

お風呂・脱衣所が寒くなる原因の1つとして、給排水などの配管のために壁や断熱材を貫通させた時にできた隙間によることも考えられます。

このような隙間ができてしまうと、浴室や脱衣所を暖めても、使用していない時に冷たい空気が入り込んでしまいます。

 

また、浴室に窓がある場合、単板ガラスの窓の場合はそこからかなりの熱量が逃げてしまいます。

断熱性能を上げるなら、トリプルガラス(※)の窓を採用するとよいでしょう。

 

※トリプルガラスとは:3枚のガラスと2層の空気層で構成された複層ガラスを指す

 

トイレ

 

トイレの寒さ対策として、計画段階で第1種換気システムを選択し、熱交換機能付きの換気システムを採用することがおすすめです。

 

トイレは、部屋の中でも空気の循環が少ない場所の1つです。

空気が循環しにくいため、冬場に自然吸気で取り込まれた冷たい空気は、高気密・高断熱であり冷たいまま滞留してしまいます。

 

高気密・高断熱住宅なら建匠の『極断熱の家』がおすすめ

 

 

高知県や兵庫県、またその近県にお住まいの人で高気密・高機能住宅を検討している場合は、建匠の『極断熱の家』をおすすめします。

『極断熱の家』は、ローコストクラスの住宅でUA値=0.46を標準として採用しており、国の高断熱基準0.87を大幅に上回っています。

 

建匠でご提案している『極断熱の家』のUA値を、以下の表にまとめました。

 

 

断熱UA値

備考

0.14〜

世界トップレベル 長期優良住宅の6倍の断熱性能

0.26〜

超高断熱性能 北海道基準を大きく上回る

0.36~

北海道基準を上回る

0.46〜

標準仕様 高知県ならこのレベルで安心

0.87〜

長期優良住宅として認定される断熱レベル

 

※参考: 極断熱の家丨 建匠

 

極断熱の家であれば、夏冬ともに空調効率が高くなるため、光熱費を格段に低く抑えられます。

ご興味のある方は、ぜひお近くのモデルルームに足を運んでご自身で体験してみてください。

 

建匠のモデルルームを見学する

 

高気密・高断熱住宅は大手ハウスメーカーでは無理なのか?

 

 

高気密・高断熱に関して、「高気密・高断熱住宅は大手ハウスメーカーでは無理なのか?」といった質問をよく耳にします。

大手ハウスメーカーでも高気密・高断熱住宅を建てられる場合はあるので、一概に不可能とはいえません。

 

一般的に、大手ハウスメーカーはデザインを優先する傾向やメーカー独自に施工手順を組んでいる傾向があるため、同じ部位に隙間や断熱の切れ間が生じやすい特徴があります。

どうしても利用したい大手ハウスメーカーがあれば、その点を考慮して設計段階から気密性・断熱性に関して打合せながら計画を進めてください。

 

高気密・高断熱住宅で寒いと感じたら対策して家の気密性・断熱性を調べよう

 

 

気密性や断熱性は専門性があり、一般的にわかりにくい部分が多く軽視しがちなポイントです。

しかし、この記事でお伝えしたように、気密性や断熱性は快適な生活を送るために大切なポイントであり、電気代などのランニングコストにも大きく影響します。

 

十分な高気密・高断熱住宅を実現できれば、健康的な暮らしに加えて経済的な恩恵を十分に受けられる可能性があります。

 

これから新築を検討する人は気密性・断熱性について工務店と十分に打合せながら計画を進めてください。

建匠では、実際に高気密・高断熱住宅の効果をモデルハウスで体験できるため、気になる人はぜひ一度お近くのモデルハウスに足を運んでみてください。

 

お問い合わせ・資料請求|高知で新築注文住宅なら【建匠】家族の笑顔を生み出す工務店

続きを見る
最近の記事

最近の記事

月別ブログ記事
体感モデルハウス 住まいづくりの資料無料プレゼント 来場予約 Zero Passive R+ 平屋の家
建匠が選ばれる5つの理由 棟梁による一貫施工 全国TOPレベルの断熱性能 家族を守るための耐震基準 暮らしを考えた資金計画術 素材へのこだわり
メディア実績の紹介
各種お問い合わせ・ご相談
直近のイベントにご参加予約 期間限定モデルハウスご見学予約 セミナーにご参加予約 カタログ・資料請求 ご来店相談予約
電話でのお問い合わせはこちら 088-856-9272 スマホからお電話の方はこちらをタップ お問い合わせ・資料請求
ページ先頭へ